ske48のメンバーをプロデュース?

2011-08-29更新

このホームページに来る人は既にデジタルプロデューサーをやってる人だと思うんで、
そういう人にとっては意味のないページになりますが、
このゲームをやってない人がこのページに来る、と言う可能性もきっとあるので、
そういう人のためにmixiアプリ「デジタルプロデューサー」を簡単に説明出来たらな、と。

ゲームの良さ

まず、このゲームの良さ、ってのを最初に簡単に言うと、

  1. ゲーム中の会話でメンバーの素性が見える
  2. 無料
  3. ゲーム中にあいさつ程度だがメンバーの声が聞ける
  4. 撮りおろしのオリジナルの動画が見れる
  5. メンバーのランキングがあり、推しメンの順位に貢献できる
  6. ske48の楽曲で音ゲーが出来る

くらいですねw
俺が思うのはそれくらいです。
一応、筆者の独断で、良いと思う順に上から書いてます。
ま、無料で、一応それなりのクオリティーって事で、
少しやってみる価値はあるのかな、と。

ゲームの内容

まず、簡単な流れとして、

  1. プロデュースするメンバーを選択する
  2. 決められた回数、簡単な音ゲーと、メンバーとの簡単な会話、をする
  3. プロデュースしたメンバーのレベルが上がる

って言うのの繰り返しです。
プレイヤーはプロデューサーと言う立場なので、
メンバーとの会話は、一応プロデューサーとのやり取り、って感じですが、現実味はかなり低いです。
会話、と言っても、途中プレイヤーが選べる選択肢が2つしかない、
ほんとに簡単なシミュレーションゲームみたいなやつですが。
でも、会話の内容はメンバーの好きなもの話だったり、
ちょっとしたエピソードトークだったりが多いので、
コアなファンだと普通に知ってる事なのかもしれませんが、
ライトなファンでは知らないようなメンバーの情報が得られると思います。

音ゲーに関しては、ほんとにミニゲーム程度。
ゲームの種類は一応2種類あるが、どちらもボタン一つしか使わないようなもの。
楽曲を自分で選ぶこともなく、ランダムで決定した物をやる。
最初はかなり簡単で面白くはないし、そのうちプロデューサーレベルなどが上がるとゲームの難易度も上がるが、
曲とクリックのタイミングが合わない物もあるし、どっちにしろさほど面白くはないw
音ゲー目当てでこのゲームをやっている人はいないんじゃないか、と俺は思う。

内容としてはそんな感じです。
で、その音ゲーをしたり、会話をしたいするのに、”行動力”が必要で、
その”行動力”は10分で1回復する、と言った感じ。

撮りおろしのオリジナル動画

具体的にはどういう動画なのか、と言うと、
メンバー1人ひとりの5〜10秒くらいの、ほんとにちょっとした動画です。
ごく稀に15秒くらいの動画もありますが。
ゲーム中に獲得できる☆を集めて、それを使う事で動画を見る事が出来ます。
各メンバー現在5個ずつ動画があります。
そのうち一つは、1回プロデュースすると見れるようになってます。

正直なところ、動画の質はそうでもありません。画質とかじゃなくて、内容が。
上で言ったように☆を使う事で見れるのですが、
こんなに☆を使ったのにこれか、と思う事が多々あります。
一応、可愛いな、と思える動画もたまにあるので、
筆者も頑張って色んな動画をオープンしている最中です。

ランキングについて

まず、”ランキング”とは、少し種類があるが主なものを説明すると、
メンバーのランキングと、プレイヤーのランキングがある。

メンバーのランキングは、そのメンバーがプロデュースされたり、応援されたりすると上がるポイントで
単純に順位を付けているものである。
応援とは、ゲーム中に獲得出来る☆を使って、そのメンバーのポイントを上げる事が出来るコマンドです。
現在トップ争いは珠理奈、玲奈、で、少し離れてちゅり、少し離れて茉夏、ゆりあ、、、と言う感じ。
差が、ある程度あると自分が頑張ってもどうにもならなそうだな、と思うが、
差が少なかったり、追加されたばかりのメンバーだと、まだポイントも低いため、
自分の頑張りでメンバーの順位を上げる事が出来るため、
獲得した☆を動画のために使わずランキングで推しメンの応援につぎ込んでる人もいるようである。

プレイヤーのランキングは、
ゲーム内で見れるマイミク内でのランキングと、
全国の月間、週間の上位プレイヤーが表示される外部サイトのランキングがある。
ランキングで競われるのは、そのプレイヤーの”貢献度”で、
それは、メンバーをプロデュースしたり、メンバーを応援すると上がる。

最後に

ま、そんな感じですかねw
無料の割には、それなりのクオリティなのかな、と。
気になる方はmixiからでも、ske48の公式ホームページからでも、
ちょっと探せばあると思うので、やってみたら良いんじゃないでしょうか。